南信州の高級和菓子販売店【双松庵 唯七】

唯七だよりについて

御菓子処双松庵唯七のブログです。楽しいページ、美味しい広場を目指します。皆さまも、楽しいおたより、美味しい情報をどしどしお寄せください。

唯七だより -信州の農園から生まれる、ふるさとのお菓子-

桜のたよりが聞こえ始めました

2012-3-28

 

blog_staff_shiki.jpg

 

 

こんにちは。

先週末にはこちら飯田では雪が降り、春のムードもすっかり冷え切ってしまっていましたが

高知県高知市の桜(ソメイヨシノ)が27日に全国で一番早い桜の満開となったという嬉しい

ニュースが入ってきました。

 

 

さて、こちら南信州は全国有数の一本桜の大木が多く生息する地域です。

西に中央アルプス、東に南アルプスの高い山並みが控え、台風などの強い風を遮って

くれたため今尚、桜の古木(樹齢300年以上)や樹形の美しい一本桜が数多く残されて

いる、全国でも 珍しい地域なのです

 

これにちなんで、双松庵唯七でも、

桜の名前をつけた 「春の和菓子詰合せ」を 多数ご用意してあります。

 

someiyoshino.jpg

「春の和菓子詰合せ ~染井吉野~」

 詳細は春のカタログをご覧下さいね


春カタログをダウンロードする(PDF)

 

 

 yasu.JPG

 

双松庵唯七のHPはこちら>> top_bunner.jpg

 

 

投稿者 todaya |コメント (0)

【柿寿楽】(かきじゅらく)

2012-3-22

blog_staff_seizou.jpg

こんにちは、双松庵唯七です。


今回は唯七農園や契約農家で大事に栽培した地域ブランド認定「市田柿」のお話しです。



自然からの贈り物

 

kaki_jyuraku_1.jpg

地元特産の「市田柿」を丸ごと使った創作和菓子の「柿寿楽」

 



「市田柿」は渋柿です。

 

kaki_jyuraku_2.jpg

信州伊那谷の秋の空気と天竜川の川霧に包まれながら乾燥が進むうちに上品な甘さと、

 

きめ細かな肉質で心地よい歯ごたえを備えた、色合いの良い市田柿が出来上がります。

 

 

kaki_jyuraku_3.jpg

柿寿楽」はその市田柿の中に地元産の栗、国産柚子と手亡豆で作った「栗きんとん餡」を

 


贅沢に詰め、羊羹を掛け味甚粉(米の粉)を塗して干柿そっくりに仕上げた手造り和菓子です。



優しく甘い干柿と栗きんとんの上品で奥の深い味わい、柚子の爽やかな香りが、

 

お口の中で程よく溶け合います。

 

 

kaki_jyuraku_4.jpg

「市田柿」の濃厚で奥深い果肉の風味と「栗きんとん」の素朴で上品な甘さが絶妙な

 

 

「柿寿楽」は、双松庵唯七が自信をもってオススメする自慢の和菓子です。


人気沸騰中の「柿寿楽」のご購入はこちらから≫≫≫

投稿者 todaya |コメント (0)

◆唯七の水引と包装の秘密◆

2012-3-19

blog_staff_.mise.jpg

こんにちは!唯七スタッフの新井です。

 

明日はお彼岸のお中日です。

御供え物を持参して手を合わせに行かれる方もいらっしゃるのではないでしょう

か。

 


唯七の贈答用包装は、以前から大変ご好評をいただいております。


そこで今回は、唯七で使用されている「水引・包装」について

ご紹介させていただきたいと思います。

 

 

☆水引(みずひき)


双松庵唯七で使用している水引は、なんと30種類

オレンジ・青・エンジ・ピンク・緑・金・銀とさまざまな色があり、

各商品に合わせたものを使用しています。

 

水引 1.jpg

 

特徴のある結び方は唯七のある飯田地域ならではの「淡路結び(あわじむすび)」

と言います。

淡路結びを基本とし、さまざまな形の水引が作られているのです。

 

双松庵唯七のある長野県飯田市は、地場産業として

伝統的に水引が作られています。

現在では全国の水引の約70%を生産しています。

 

水引は、のし袋やお祝い品などに使用され、

人と人、心と心を結ぶという意味のあ伝統的文化として大切にされています。

 

 

☆包装紙

双松庵唯七で使用している包装紙は雲龍(うんりゅう)というものです。

金振り柄でとても品があり、慶事・仏事いずれの場でもお使いいただける

ものとなっております。

 包装-003.jpg

 

お客様に喜んでいただけるよう願いながら、一箱一箱ていねいに包装しておりま

す。

 

 

 

水引と包装についていかがでしたでしょうか?


唯七では商品をお求めになった皆さまへ、御菓子だけでなく、

それを包む外装からも“真心“をお届けできますよう、

日々工夫を凝らしてお送りしております。


商品ごとに違う水引にもちょっと目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

 


双松庵唯七のHPはこちら≫≫≫

 

投稿者 todaya |コメント (0)

御城下金鍔(ごじょうかきんつば)

2012-3-17

blog_staff_seizou.jpg

こんにちは、三月も中旬となりきょうは「彼岸の入り」です。


和菓子を購入される機会も多い時季ですね。


さて今回は、双松庵唯七がお奨めする「御城下金鍔」のお話しをしたいと思います。


 

kintsuba_4.jpg

 

 

【金鍔の由来】は、刀の鍔(つば)に似た形をしていたことから、「ぎんつば」と称され、


後に銀よりは金の方が格上と言う事で「金鍔」になったようです。




双松庵唯七自慢の「御城下金鍔」は、良質で風味豊かな十勝産小豆の粒餡に、


国産栗を贅沢に入れた金鍔あん!隠し味に伊豆大島産の自然海塩を使い、


炊き上げる仕込み水は、名水百選にも選ばれた地元飯田の「猿庫の泉」を使用しました。

 

 

kintsuba_1.jpg

 

餡玉を小麦粉を溶いた生地に潜らせ、焼けた銅板の上で円柱型に形を整え、


上下面と側面を丁寧に一つ一つ手焼きで製造した贅沢な「きんつば」です。

 

 

kintsuba_3.jpg

 

寒天を使わない事で、風味豊かな小豆の味わいと上品な栗の食感を大切にしました。


小豆の粒と栗の粒がびっしり詰まった「御城下金鍔」をご賞味ください。

 

追伸)

 

春限定! 「桜金つば」も好評発売中です。(4月中旬まで)

 

【御城下金鍔】のご購入はこちらから ≫≫≫

投稿者 todaya |コメント (0)

フーデックス ~国際食品・飲料展~に行ってきました

2012-3-08

blog_staff_nouen.jpg

 

こんにちは酒井です。

幕張メッセで開催されている

「フーデックスジャパン2012」国際食品・飲料展に行ってまいりました。

(3/6から3/9まで開催)

 

今年で37回目となり、アジア最大級の食品飲料・専門展示会というだけあって

国際的でグローバルな雰囲気で、活気にみちあふれていました。

 

当社も「市田柿」を中心とした農産加工品や各種和菓子を出展し

担当スタッフがご説明させていただいております。

 

農産コーナーの一角で

 「市田柿」の看板がひときわ大きく目立っていました!!

 

IMG_5314.JPG

 

20120309_2.jpg

 

投稿者 todaya |コメント (0)

☆春のおすすめ和菓子☆

2012-3-03

blog_staff_.mise.jpg

 

双松庵唯七スタッフの新井です。

 

3月も2週目に入りました!


今日はあいにくの雨ですが、節がまたひとつに近づき、

心が明るくなってきますね。

 


3月はこれからご卒業、ご入学などのお祝い事や、お彼岸、春分の日など

 

行事が多くなってきます。

 

そのような時に双松庵唯七の御菓子をお役立ていただければ幸いです。

 

 

 


さて、今日は唯七春のおすすめ和菓子をご紹介致します!

 

双松の月(桜)
双松の月(桜).JPG

唯七で大人気の〈双松の月〉シリーズに春季限定で桜が登場!


唯七自慢のふんわり生地で、ピンク色の桜餡に「桜の葉の塩漬け」と


「桜ゼリー」を細かく刻んだものを包み、桜の香りと優しい食感を演出した


春の和菓子に仕上げました。

 

 

桜じょうよ饅頭 

sakuraman_2.jpg

なめらかで口溶けの良い上質さくら白餡に、風味豊かな桜葉を刻み入れた


特製「桜あん」を優しいピンク色の山芋粉入り生地で優しく包んで


もっちりふっくらと蒸し上げました。


塩漬けの桜花をあしらった可愛らしく上品な「桜じょうよ饅頭」です。

 

 


桜金鍔

 

桜きんつばB.JPG

小豆本来の味を味わっていただけるよう製法にこだわり、


じっくりと炊き上げた唯七の「金つば餡」は、甘さを抑えた自慢の餡に仕上がりました。

 

一つ一つに心を込めた手焼き金鍔に、地元八重桜「関山」の塩漬けを

 

一輪添えた「桜金つば」です。

 

 

 

皆さまはもうお召し上がりになりましたか?

どれも唯七自慢の和菓子です!

春が待ち遠しいこの季節に、唯七春の和菓子たちと少し早目の春を

感じてみてはいかがでしょうか?

 


双松庵唯七のHPはこちら≫≫≫

top_bunner.jpg

 

 

 

最新のカタログをダウンロードはこちら≫≫≫

投稿者 todaya |コメント (0)

冬季限定菓子の製造を間もなく 終了させて頂きます。

2012-3-02

blog_staff_.mise.jpg

こんにちは、いよいよ3月です。


今週は雪が降り寒い日があったかと思えば翌日は、


暖かな日和と気温が目まぐるしく変わりました。


三寒四温とはよく言ったもので、こうしてに徐々に春になっていくのですね。

風邪などひかぬようくれぐれもお体にはご留意くださいませ。


さて明日は、3月3日の「ひな祭り」女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事です。


こちら信州飯田では、4月に旧暦で祝う家もあります。


hina_1.jpg

 


さて、今年も例年通り冬季限定和菓子の製造を間もなく終了させて頂きますので、


ご購入予定やもう一度取寄せしたい商品がございましたら、お早めにご用命ください。

(冬季限定和菓子は、3月上旬に休売させて頂く予定です。)

尚、冬季限定和菓子は9月より随時販売を再開いたしますので、


詳しくは、ホームページやDM等にて、ご確認をしてください。


双松庵唯七のカタログをダウンロードできるようにしましたのでご覧ください。(PDF)

【 休売商品 9品 】


1、栗きんとん


2、ゆず手毬(ゆずてまり)


3、栗蒸羊羹(くりむしようかん)


4、柿蒸羊羹(かきむしようかん)


5、つむぎ巻き【黒糖】


6、茜 庵(あかねあん)


7、栗小雪(くりこゆき)


8、柿小雪(かきこゆき)


9、おらがそば

販売停止日は、3月10日を予定しています。


双松庵唯七のホームページはこちらから  ≫≫≫≫

投稿者 todaya |コメント (0)

唯七だよりTOPへ