南信州の高級和菓子販売店【双松庵 唯七】

唯七だよりについて

御菓子処双松庵唯七のブログです。楽しいページ、美味しい広場を目指します。皆さまも、楽しいおたより、美味しい情報をどしどしお寄せください。

唯七だより -信州の農園から生まれる、ふるさとのお菓子-

双松の月(栗)休売のお知らせ

2012-1-27

 

blog_staff_info.jpg

 

皆さまこんにちは。

早いもので、もう2月になりました

最近は以前よりも日照時間がくなり、春が待ち遠しく感じられます。

皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は人気商品休売のお知らせです。

手造りどら焼き「双松の月(栗)」の販売を秋までお休みさせていただきたいと思います。

 

双松の月(栗)に代わりまして、

 2月10日より「双松の月(桜)」をお届けさせていただきます。

双松の月(桜).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い寒いと思っているばかりですが、先日沖縄で八重桜開花の便りもあり、

少しずつ春は近づいてきているようです。

 

双松の月(栗)につきましては、本年度も皆さまから大変ご好評いただき、

唯七スタッフより厚くお礼申しあげます。

ありがとうございました。

 

 

双松庵唯七のHPはこちら≫≫≫

top_bunner.jpg

 

 

投稿者 todaya |コメント (0)

手づくりチョコサブレ ♪

2012-1-23

blog_staff_.mise.jpg

皆さまこんにちは。唯七スタッフの新井です。

 

昨日から降り続いた雪で今朝も見渡す景色が真っ白になっていました。


雪が降ったことでいつもより早起きしておでかけされた方もいらっしゃるのでは


ないでしょうか?


 

さて、今回は2月のバレンタインデーを前に双松庵唯七のチョコ菓子の一つ、


おらがそばのご紹介です☆

 oragasoba_1.jpg


 

双松庵唯七では、「蕎麦処・信州の味を全国の方にお届けしたい」、


「若い人が好んで食べるようなお菓子に蕎麦を使ってみたら面白いかも!」


ということで、そばを使ったお菓子の試作を始めました。

SOBANOMI.jpg

sobanohana.jpg

〈そばの実とそばの花〉

そうして誕生したのが「おらがそば」。


名前の由来は、信州出身の小林一茶の一句にあります。


信濃では 月と仏と おらがそば

 


生地にそば粉を練りこみ、そばの実を散らした大人のサブレになりました☆


甘いチョコレートとそばの相性は抜群!


小さな子どもさんからご年配の方までおいしく食べられるサブレです。


チョコレートがおいしい冬に、さっくりおいしい唯七のそばサブレはいかがですか?


DSC_1287.JPG

 

唯七オリジナルバレンタイン菓子も要チェック!

 

双松庵唯七のHPはこちら≫≫≫

top_bunner.jpg

 

 

投稿者 todaya |コメント (0)

一面の銀世界と欧風和菓子の小雪シリーズ

2012-1-20

blog_staff_.mise.jpg

んにちは皆様


今朝は外の景色が一面の銀世界でビックリしました。


薄暗い朝の雪景色があまりにも静かなので思わずシャッターを切っていました。

 

201201winter_a.jpg


ところで「雪」と言えば


和菓子処、双松庵唯七の欧風和菓子に「栗小雪」「柿小雪」があります。


冬期限定チョコ菓子の中でこの二品は大人気です。

【栗小雪】

自社農園産の栗を使った栗きんとん餡を丸くしてチョコで包んだ栗きんとんチョコトリュフ

 

201201winter_b.jpg

 

【柿小雪】

地元産市田柿の中に自家製「柚子白餡」を詰め、チョコでコーティングした欧風創作和菓子

201201winter_c.jpg

 

どちらも、2月14日のバレンタインデーの日には大人気の売れ筋商品です。


今年のバレンタインデーには、和菓子屋さんの欧風和菓子を送られは如何ですか?


限定の専用企画もご用意して皆様をお待ちしております。

 

双松庵唯七のホームページはこちらから ≫≫≫

投稿者 todaya |コメント (0)

農園の取組みと市田柿の和菓子

2012-1-14

 

blog_staff_nouen.jpg
こんにちは、

年も改まり、あっという間に半月が過ぎました!

皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか?

 まだまだ寒い日が続きます。お体にはくれぐれもご留意くださいませ。


さて今回は、今!大人気の「市田柿」!

其の市田柿へのたち戸田屋の取り組みのお話しです。



戸田屋の柿園は市田柿発祥の地、高森町にあります。
20120114kaki_1.jpg 
(寒空の下の柿園と南アルプス)


この地域でも農家の高齢化と後継者不足という大きな悩みを抱え、


干し柿生産農家も担い手が減り続けています。


戸田屋はそのような手が付かない土地を農家から借り受け


現在、2ヘクタールの土地で市田柿を栽培しています。


更に今までに約400本からの苗木を植えました。

他にも栗園で栗等の栽培も行っています。


俗に「桃栗三年柿八年」と申します。収穫できるようになるのは、5年以上先のことです。


地元の素材と伝統を大切に守り続ける戸田屋(双松庵唯七)の取り組みの一つです。


20120114kaki_3.jpg 
(干し柿作り、まさに柿の吊り下がった様は「柿すだれ」)

 

市田柿は渋柿です。(生の市田柿は渋くて食べられません)


農園では10月下旬から収穫を始め、皮を剥き専用のハウスにて柿を干します。

 

寒さも増した12月上旬にようやく白い粉が葺きだし、濃厚な風味の果肉に仕上がります。

 

双松庵唯七では、市田柿の「干し柿」はもとより、

 

和菓子との相性が良いため、市田柿を取り入れた和菓子を数多く取り揃えています。

 

20120114kaki_4.jpg 
双松庵唯七の代表的な創作和菓子「柿寿楽/かきじゅらく」

 

双松庵唯七は、

市田柿の栽培から和菓子の製造・販売までの全てを自ら行うことで

 

お客様に 安心して信頼される和菓子をお届けしたいと考え、

 

市田柿や栗等の栽培に取組んでいるのです。


唯七HPはこちら>>top_bunner.jpg

投稿者 todaya |コメント (0)

謹賀新年

2012-1-01

blog_staff_info.jpg

謹賀新年

 

One_008l.jpg

本年もどうぞよろしくお願い致します。

これからも皆さんに喜んでいただけるような商品づくりに

励んでまいります。

 

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

 

唯七HPはこちら>>top_bunner.jpg

投稿者 todaya |コメント (0)

唯七だよりTOPへ