南信州の高級和菓子販売店【双松庵 唯七】

唯七だよりについて

御菓子処双松庵唯七のブログです。楽しいページ、美味しい広場を目指します。皆さまも、楽しいおたより、美味しい情報をどしどしお寄せください。

唯七だより -信州の農園から生まれる、ふるさとのお菓子-

夏の和菓子は間もなく終了!

2011-8-23

 

blog_staff_info.jpg

 

 

はじめまして!新入社員の新井です。 

今は事務局で受注を担当させていただいています。

 

たどたどしい電話対応ですが、お客様に支えられながら

毎日頑張っています。

 

 これからもお客様に寄り添ったわかりやすい対応を目指して

日々努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します!

 

  

さて、

お盆も過ぎ、秋の風を感じられる頃となりました。200809_02_62_c0057662_8355131[1].gif

9月に入れば待ちに待った秋菓子たちの登場です

☆(^_^)v

 

秋商品を前に、皆さまから大好評をいただいていた夏菓子

お届けもあと少しなってまいりました。

 

 

 

朝夕の涼しさを感じられるようになってきたこの頃ですが、

現在もご好評をいただいているのが

        蔵出し冷凍 あんぽ柿です♪

 anpo_top[1].jpg

 

地域ブランドの唯七農園産の市田柿。

鮮やかなオレンジ色の『あんぽ柿』を一口食べれば、

甘い果肉の優しい甘味が口の中に広がります。。。

 

あんぽ柿は干し柿になる一歩手前の状態ですので、

水分を多く含んでいて果肉がとてもジューシーなのです☆

市田柿の自然な甘みのみで作られた貴重な一品です!

 

秋はすぐそこ、 夏の和菓子は間もなく終了ですので、

皆さまお早めにお求めください(^O^)/3[1].jpg

 

 

 

 唯七のHPはこちら>>>

top_bunner.jpg




 

 

投稿者 todaya |コメント (0)

菓子スクーリング

2011-8-19

blog_staff_kaishiya.jpg

 

こんにちはトマツです。

今年もこの時がやって参りました。

昨年から通い始めた菓子専門学校のスクーリングですが

今年で2年目を迎えてより実技よりの内容になり、

今回は初日に講師の先生によるデモンストレーションも含めて

洋菓子中心の内容でした。

 

先生に飴細工を見せていただきましたが、

もうお菓子というより芸術品ですね

パーツを作っている時と組み上げが終わった時のあまりの違いに感動しました。

このお花から何から全てのオブジェは飴で出来てるんですよ!

飴細工.jpg

<飴細工 芸術作品ですね。。>


さて翌日から取り組んだのがクッキー生地を用いた

菓子のレパートリーになります。

 

前回のスクーリングから期間が開いてしまったため

手元がおぼつかない所はご愛嬌でしょうか。。

シュガーバッター法(バターに砂糖、卵、小麦粉などを混ぜ込んでいく方法)を

基本とした生地の作り込みが多く数をこなすうちに手順も大分慣れてきました。


まずはホーレンダー ザント ケベック(オランダ風の砂の様にもろいクッキーという意味)という

よく見かけるクッキーですが、これが案外難しいんです

普段麺棒を使うことがないため

生地を均等な厚さで綺麗に伸ばしていくのがこれがまた難しい。

そしてプレーン生地とココア生地を貼りあわせて整形していくのもまた難しい。

何とか見れる形になったでしょうか。。

ホーレンダー ザント ケベック.jpg
<ホーレンダー ザント ケベック>


続いてガレット オー ブールというフランスの少し厚みのある焼き菓子。

先生より「ではドレしましょう」との指示がありまして

 

「ドレ」って何だ??

 

と思っていたら、「卵を塗ること」とのことで焼き上がりは

こんがり綺麗な色になりました。

ガレット オー ブール.jpg
<ガレット オー ブール>


今度はシュネーバーレン(雪の玉といった意味)を作りましたが、

コロコロと可愛らしい見た目とは対照的にピターなココア生地が効いた

大人な感じのお菓子です。

シュネーバーレン.jpg
<シュネーバーレン>


最後はチュイル オ ザマンドという日本で言うなら瓦煎餅のようなクッキーです。

オレンジ果皮も加えてさわやかな香りを楽しめるものですが

焼き上げたあと形をトヨ型で整形して出来上がり。パリッとした食感が素敵です。

チュイル オ ザマンド.jpg

 

チュイル オ ザマンド成形.jpg


<チュイル オ ザマンドとその成形方法>

 


クッキーはこんな感じになりました。

クッキー.jpg
<クッキー>



3日目は同じくクッキー生地を用いてタルトを作りました。

まずはタルト オ フロマージュというタルト生地の中にクリームチーズをいれて

焼き上げたものに挑戦しました。

ここでも綿棒を使って延ばしていくのですが焼き上がりが若干厚くなってしまったのはご愛嬌です。

タルト オ フロマージュ.jpg
<タルト オ フロマージュ>


最後はエンガディナーというお菓子です。

タルトオフロマージュと同じくタルト生地を使うところまでは一緒で、

中に入るのは砂糖を煮詰めて作ったカラメルとナッツ類を絡めたものを使います。

カラメルは色が変わりだしてからが慌ただしくあっという間に焦げそうになりますね。

今回はくるみとアーモンドをざっくりと砕いたものを使いましたが

中に入れる前に試食試食。。。

あまーいけどとっても美味しいです!

出来上がりはこんな感じです。

エンガディナー.jpg
<エンガディナー>


腕についてはなかなか上手くなるものではなですが

何の材料を使っているか、またどう行った工程で作られているか

目星がつくようになってきたのはいい傾向でしょうか。

 

 

双松庵唯七のHPはこちら>>>

 

top_bunner.jpg

 

 


投稿者 todaya |コメント (0)

信濃ラスク「味彩」

2011-8-10

blog_staff_.mise.jpg

 

暑いですね!各地で35℃を超える猛暑日がつづいています。

熱中症にはくれぐれも気をつけたいですね。


さて、今号はお洒落れな見た目で好評をいただいている

信濃ラスク味彩」をご案内いたします!

 

110811_rasuku.jpg

 

ラスクといえば、やはりサクサクの食感が特徴ですよね!

唯七では、この食感をひき出すためにパンにひと工夫しています♪

 

味彩のパンは実は地元のパン屋さんにフルオーダーしてつくって頂いているもの。

軽いサクサク食感を出すために配合を食パンとフランスパンのちょうど真ん中くらいにし、

柔らかすぎず、硬すぎない生地に仕上げました。

大きさも唯七指定のひとくちサイズ!

配合から大きさまでこだわってつくってもらっています。

110811_rasuku2.jpg

このパンがあるからこそ!上に載せた素材が活きてくるのです

ちなみに信濃ラスク「味彩」は6種類の味がお楽しみいただけます。

 

お茶のお友にぜひご賞味ください!

 

 

双松庵唯七のHPはこちら>>>

top_bunner.jpg

投稿者 todaya |コメント (0)

☆お盆休業のお知らせ☆

2011-8-06

毎日暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

体調を崩しやすい季節です。

お体にはくれぐれもご留意下さい。

 

今回は、お盆休業のお知らせです。

誠に勝手ながら以下の日程でお盆休業をいただきます。


LN686.JPGLN686.JPGLN686.JPGLN686.JPG



8月13日(土)~8月16日(火)

8月11日の午前中までにご注文いただいた場合はお盆前の発送
 8月11日の午後以降にご注文いただいた場合は、8月17日の受付となり8月18日発送
 となりますのでご注意ください。
 ご注文はお早めにお願いいたします。


なお、お盆休業中もFAXからのご注文は承っております。
但し発送は上記のとおりとなりますのでご了承ください。

FAX番号  0120-588-667

 
illust2077.png 

双松庵唯七の休日カレンダーはこちらから>>>

LN686.JPGLN686.JPGLN686.JPGLN686.JPG

暑い日が続きますが、皆様どうか体調を崩されぬよう、ご自愛くださいませ。

双松庵唯七のTOPページはこちら>>>
top%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg

投稿者 todaya |コメント (0)

この時期ぴったりの和スイーツ「寒水」

2011-8-05

 

blog_staff_.mise.jpg

 

 

夏休みに入りお盆も間近になり、来客が多い時期になって参りましたね。

 

そこで、今回は

お客様来た際のお茶請けにぴったりの「寒水」をご紹介いたします!

 

110805_kansui1.jpg

 

 

寒水の魅力はなんといっても

ゼリーより更に柔らかい食感のジェルにあります!!

110805__kansui2.jpg

チュルっとしたのどごしでまるで水を食べているような食感・・・

このジェルは名水百選「猿庫の泉」から作られ、

湧きいづる水の美味しさをそのまま活かしたまろやかな味わいです!

 

「水の味なんてよくわからない」

 

なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、

「寒水」を召し上がっていただけば本当の水のおいしさを楽しんでいただけると思います♪

※召し上がる際は冷蔵庫で解凍して、添付の小豆と梅みつをお好みでかけてお召しあがりください。


ガラスのグラスに入った涼しげで高級間溢れる見た目も今の時期にぴったりです。

お客様が来られた際に、「ちょっとお洒落なお菓子でおもてなししたい」とい場合に

ぜひご活用いただきたい一品です。

110805_kansui3.jpg



 <<<寒水の詳細はコチラ

 

 

双松庵唯七のHPはこちら>>>

top_bunner.jpg





 

投稿者 todaya |コメント (0)

唯七だよりTOPへ