南信州の高級和菓子販売店【双松庵 唯七】

唯七だよりについて

御菓子処双松庵唯七のブログです。楽しいページ、美味しい広場を目指します。皆さまも、楽しいおたより、美味しい情報をどしどしお寄せください。

唯七だより -信州の農園から生まれる、ふるさとのお菓子-

原料豆知識~デンプン~

2011-5-25

blog_staff_genryo.jpg

こんにちは、原料販売部門のモモザワです。

今日は小学校の実験でおなじみ(?)デンプンについてです。

 

デンプンは穀物や芋類などに多く含まれる、
多数のブドウ糖が鎖状に結合してできている物質です。


原料となる植物は、じゃがいも、小麦、トウモロコシ、
サツマイモ、米、キャッサバ、クズ、カタクリ、緑豆、など様々です。粒子の大きさや形状、性質は元になった植物によってかなり違います。

 

110526_yasai.jpg

 

デンプンはお菓子にも使用され、目的に応じたデンプンを選ぶ必要があります。

 

**********************************************************************

 

トウモロコシ澱粉・・コーンスターチと呼ばれます。パウンドケーキやカスタードクリーム、
プリンなどに使われます。

 

110531_konsuta.jpg

<コーンスターチ>

 

小麦澱粉・・・菓子などで粘稠剤として利用されており、浮き粉と呼ばれています。
ういろうにも使われます。

米澱粉・・・手粉、打ち粉などに用いられ、和菓子用としては、白玉粉などがあります。  

白玉粉が使われている「御城下金鍔

 

 

豆類(ソラマメ、緑豆、小豆など)・・・100℃においても糊化しないため、餡として用いられます。

馬鈴薯澱粉・・・いわゆる片栗粉(本来はカタクリと呼ばれるゆり科の植物の根から採取したデンプン)ですが、市販されているもののほとんどは馬鈴薯澱粉です。

 

110531_katakuri.jpg

<片栗粉>

 

甘藷澱粉(サツマイモ)・・・ 独特の食感を持つ。くず粉の代替品として春雨、葛切り、
わらびもちの原料となります。

もちもちの葛食感の冷たい和菓子「涼風

110531_ryoufu.jpg

 


タピオカ澱粉(キャッサバ)・・・ 食品の増粘剤として優れています。
デザートでプチプチした透明の丸いもの、これもタピオカ。

一口にデンプンといっても種類や特性がたくさんあって難しいものです。

 

 

唯七のHPはコチラから>>>

top_bunner.jpg

投稿者 todaya |コメント (0)

桃のご紹介です☆

2011-5-19

blog_staff_nouen.jpg

お久し振りです!南信州果実担当の「くまざき」です☆

長野県では、暖かい日が続いています。  

でも、沖縄はすでに梅雨入りしているんですね・・・。

梅雨入り前のこの時期に、たくさん外にお出掛けしておこうと思います☆

 

さて、今回はみんなの大好きな「桃」についてお話しします。

少し前の話になりますが、4月末にお散歩中、

こんなに可愛らしい「桃の花」に出会いました☆

IMG_3238.JPG

 

可憐な花が、7月末にはジューシーで甘ーい

大きな桃の実になるんですよね・・・。

不思議なものです!

 

 

このように、樹が可憐な花を付け始めると、「摘花」という作業に入ります。

 

より品質の良い桃を収穫するため、

花を摘み取り、1本の樹に実らせる桃の数を調整するのです。

 

ちょと花が可哀想な気もしますが、美味しい桃を育てるために大切な作業です!

 

 

そして、実を付け始めると、

「大きくなーれ!美味しなーれ!」と一つひとつ丁寧に袋をかぶせ、

害虫や日焼けから実を守ります。

あとは大きく成長するのを待つばかり・・・。

 

 

 

こんなに手間暇かけて作られた桃を、

双松庵唯七では、7月末より販売予定です!

まだ少し時間がありますが、少々お待ち下さい・・。

 

0906-03.jpg

※品種は「あかつき」の予定です

 

 

唯七のHPはコチラから>>>

top_bunner.jpg

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 todaya |コメント (0)

5月のおススメ商品「御城下金鍔」

2011-5-17

blog_staff_.mise.jpg

 

ブログ事務局の黒澤です。

五月もなかば、新緑のまぶしい頃となりました。

 

さて、五月と言えば八十八夜!新茶の季節ですね!

和菓子とお茶の相性は皆さまご存じの通りですが、

今回はその中でも特に!お茶のお友におススメの

唯七の和菓子をご紹介いたします。


御城下金つば

110517_kintsuba.jpg

北海道産の上質小豆を名水百選にも選ばれた

「猿庫の泉」の水でふっくらと炊きあげ、

一つ一つ丁寧に焼き上げた栗入り

手焼き金つば御城下金鍔(ごじょうか きんつば)


小豆の風味豊かなあんこの上品な甘さは、お茶請けに最適です。

さらに蒸し暑いこの季節におすすめの食べ方として、

 冷蔵庫で冷やし何時もより 少し濃いめのお茶がおすすめです♪


お客様にお出しする際は、いつものお皿からひと工夫して

洋風のお皿にのせてみるのはいかがでしょうか?

110517_kintsuba2.jpg

ミルクアイスなどを添えても美味しくお召し上がりいただけます。

 

 

見た目も涼しく、季節を感じながら、

より楽しくお召し上がりいただけたら幸いです。

 

唯七のHPはコチラから

top_bunner.jpg

 

 


投稿者 todaya |コメント (0)

農園だより~桜の花を収穫しました~

2011-5-13

blog_staff_nouen.jpg


こんにちは☆農園部のミヤサカです。 

ずいぶん暖かくなりました。
南信州では、田植えの準備が始まっています。

さて農園部では、
4月の末から5月の初頭にかけて、桜の花(八重桜)の収穫をしました!

 

110513_shukaku2.jpg

 

桜の花は何に使うかというと…
塩などに漬け込んで、桜茶になります!

収穫した桜は、
関山(かんざん)」という品種の八重桜です。

花が開ききっていると
漬け込むときに花びらが取れてしまうので、
まだ咲きかけの花を収穫します。

110513_sakikake.jpg

<咲かけの桜>

 

収穫した後でも、置いておくと
花はだんだん開いてきてしまうので、
収穫してから漬け込むまであまり時間をおかないように心がけます。

自社の農園で収穫した桜は、地元の松川町、生田の農家などで
収穫された桜と一緒に漬け込みます。

 

110513_zishasakura.jpg

<自社農園の桜>

 

半年以上漬け込み、見た目も香りも華やかな
桜茶になります◇

 


■さくら茶■  ≪≪桜茶の販売ページはこちらから

湯呑みに咲く華やかな桜!香りも見ためもお楽しみいただけます!

 

110513_sakuracha.jpg

 

 

唯七のHPはコチラから>>>

top_bunner.jpg

 

 

 

 


投稿者 todaya |コメント (0)

製造秘話~抹茶どら焼き「双松の月 抹茶~

2011-5-10

blog_staff_seizou.jpg

 

こんにちは!製造部のミウラです。

5月に入り、飯田も夏に向かい段々と暖かい気候になってまいりました。
唯七の手造りどら焼き「双松の月」も桜の季節を終えると同時に、
桜どら焼きから、抹茶どら焼きの製造へ切り替わりました!

 

抹茶どらやき 「双松の月 抹茶

 

110509_maccha.jpg

 

 

新商品の抹茶どら焼き[双松の月 抹茶」は、生地の方に抹茶が練り込んであります。
抹茶の風味も感じられ、色合いも鮮やかです♪♪

110509_antsume.jpg
<餡つめの様子>

 
また、中餡は夏にぴったりの爽やかなゆず餡、プラス、求肥もち!

110509_gyuhi.jpg
<こだわりのもち粉を使用した求肥餅>



碁石ほどの大きさの求肥もちを、

抹茶どら焼きひとつひとつに入れてあります。
 

 

 

双松の月  新バージョン、双松の月・抹茶味。ぜひご賞味ください!

 

 

唯七のHPはコチラから

top_bunner.jpg

投稿者 todaya |コメント (0)

南信州だより~月川温泉はなもも街道~

2011-5-02

blog_staff_shiki.jpg

 

こんにちは、伊藤です。

今年も花桃の季節がやってまいりましたので、

花桃の名所「月川温泉卿へ行ってきました!


花桃とは・・・

バラ科のサクラ属の耐寒性落葉樹で、花言葉は 「恋の虜」「良い気立て」


原産地は中国ですが、日本での品種改良が進み種類も豊富になりました。

品種改良はなんと江戸時代から行われ、この時代にできた品種が

今も数多く存在しているんだそうです。

 

一重咲き八重咲きがあり、

1本の枝から赤・白・桃の3色に咲く珍しい種類も見られます。

110502_hanamomo2.jpg

 

月川温泉卿では4/20~5/8まで花桃まつりが開催されています。

 

110502_hanamomomatsuri.jpg

 

110502_kaidou.jpg

残念ながらまだほとんど蕾でしたが、GW中に満開になるのではないでしょうか。

月川温泉に向かう道中でも花桃が見ることができます。

110502_hanamomo.jpg

 

花桃は若干早目でしたが桜の花はちょうど満開でした!

近くには銘桜「駒つなぎの桜」があり、こちらも間もなく見頃を迎えます。

 


花桃海道の数千本の花桃が満開になるとため息ものです。

一見の価値がありますので

「お花見をし損ねてしまった~」

という方はぜひお出かけください。

 

 

唯七のHPはコチラ>>>

top_bunner.jpg

 

投稿者 todaya |コメント (0)

唯七だよりTOPへ