南信州の高級和菓子販売店【双松庵 唯七】

唯七だよりについて

御菓子処双松庵唯七のブログです。楽しいページ、美味しい広場を目指します。皆さまも、楽しいおたより、美味しい情報をどしどしお寄せください。

唯七だより -信州の農園から生まれる、ふるさとのお菓子-

製造秘話~彩旬果~

2011-3-29

blog_staff_seizou.jpg

こんにちは!
製造部のミウラです。

今日の製造部はフルーツケーキ「信濃彩旬果を作っています。

 

仕込み室には、大きなボウルにこんな原料が用意されていました。

110324_kudamono.jpg

カットフルーツが盛りだくさんですね!
何種類入っているか分かりますか??

りんご、鬼くるみ、栗、市田柿、梅、ブルーベリー…
彩旬果は、信州産の果物6種類を贅沢に使ったパウンドケーキなんです!

 

110324_yakiagari.jpg

ふっくらこんがり焼きあがりました!


彩旬果はあらかじめこちらでカットを行うので、
皆様のお手元に届いたとき、すぐ食べていただくことができます。

110324_cut.jpg

そんな気軽さも、彩旬果の魅力のひとつです♪♪

彩り豊かな信州の果物を味わいたいとき、 
ただしちの欧風和菓子「信濃彩旬果」はいかがでしょうか?

 

☆彩旬果のご注文はコチラから

 

110324_saishunka.jpg

 

 

 

唯七のHPはコチラから>>>

 

top_bunner.jpg

 


 


投稿者 todaya |コメント (0)

~南信州の四季 「梅ヶ久保公園」~

2011-3-24

blog_staff_shiki.jpg


こんにちは。イトウです。

今回は信州・飯田市伊賀良は笠松山の登山口にある梅ヶ久保公園へ行って参りました。


110324_michi.jpg110324_kanban.jpg


ここはササユリ、チゴユリ、キキョウ、カタクリ、ザゼンソウなどの
貴重な植物が自生しており、地元の方々によって大切に守られています
また南アルプスのながめが最高です!

110324_minamiarupusu.jpg
<公園から見える南アルプス>


公園内の駐車場から東へ少し下るとザゼンソウの群生地があります。

110324_zazensou.jpg
<ザゼンソウ>

ザゼンソウは湿地に生える多年草で、僧が坐禅を組む姿に似ていることから
そう呼ばれています。
不思議なことに仏炎包(ぶつえんほう)ち呼ばれる紫色の部分の内側にある
小さい花の密集した部分から熱が出て、体温を20℃前後に保っているそうです。


続いてカタクリの群生地を見てきましたが、時期が少し早かったらしくツボミでした・・・


咲いているときは下の写真のような花を咲かせます。

110324_katakuri.jpg  

笠松山に咲くカタクリの情報はコチラ↓↓↓

http://www.ii-s.org/kankou/logs/3_3.html



カタクリは種子が地中に入ってから平均8年目でようやく花が咲くのだそうです。
3~4月に開花し、5月には葉が枯れ、地上から姿を消してしまう。

このように早春、他の花に先駆けて花を咲かせ、
他の草や花が勢いづく頃に消えてしう植物のことをヨーロッパでは

「スプリング・エファメラル」

訳)春の儚い命

と呼んでいるそうです。なんだかかっこいいですね(笑)



この美しい眺めと希少な植物がいつまでもあり続けるよう願いつつ山を折りました。



梅ヶ久保公園内には梅ヶ久保神社、マレットゴルフを楽しめるコースもあり
ます。

皆さまもぜひお越しください!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


余談ですが・・・

公園内の道には動物の足跡がありました!

110324_ashiato.jpg

10㎝程度の大きさからもしかして・・・熊?

山に行かれる際は鈴か携帯ラジオを鳴らしていくことをお勧めします!







双松庵唯七のHPはコチラから
top_bunner.jpg









 

投稿者 todaya |コメント (0)

原料豆知識~はちみつ~

2011-3-22

blog_staff_genryo.jpg

 

こんにちは、原料販売部門のモモザワです。
 

 

今回は蜂蜜のお話です。

110322_1.jpg

 

 

蜂蜜とはミツバチが花の蜜を集めてできる天然甘味料です。

成分はブドウ糖と果糖で70%以上を占め、その他イソマルトオリゴ糖、グルコノラクトン、

各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを含みます。

 

11032202.jpg

 

蜜源となる花の種類によって味、色、香り、糖組成が大きく異なるようです。

アカシア,レンゲ,クローバー,ナタネ,オレンジ,そば,ユーカリなどなど。

たくさんの種類があるんですね。


栄養価も高く、お菓子では蜂蜜の独特の風味を利用したりします。

ミツバチが一生懸命集めたものですから感謝しながらおいしく頂きたいと思います。

 

 

☆双松庵唯七の蜂蜜を使った商品☆

 

双松の月(大納言)

蜂蜜入りの風味豊かなしっとりふわふわ生地のどら焼きです!

 

110322_dorayaki.jpg

 

 

氷すい(梅みつ&ブルーベリー)

濃厚ながら爽やかな甘さの蜂蜜の風味が活かされた錦玉ゼリーです。

 

110322_hisui.jpg

 

 

双松庵唯七のHPはコチラから>>>

 

top_bunner.jpg

 

 

 

 



投稿者 todaya |コメント (0)

春でも食べられるりんごのご紹介☆

2011-3-17

blog_staff_nouen.jpg

 

こんにちは☆南信州の果実担当くまざきです。


日差しが春らしくなってきましたね。

皆様はいかがお過ごしですか?


今回は、そんな春でも食べられるりんごの秘密についてお話致します。

 

りんごといえば秋~冬の果物というイメージですよね?

しかし、なんと今の季節でも美味しいりんごを食べることが出来るんです!

 

なんで春でもりんごが食べられるの?と疑問に思う方も多いと思います。

そこで特別に、りんごの保存方法を皆様にお伝えいたしますね☆

 

 

りんごの保存方法】

りんごが発生する「エチレンガス」は果実を劣化させる作用があります。

りんごは自ら発生する「エチレンガス」によって自らを「劣化」させているのです・・。

 

そこで、この「エチレンガス」を吸収する特別な袋が開発されました!

 

この袋にりんごを入れ保存すると、劣化の進行を遅らせることが出来るのです!

さらに、+2℃に保たれた冷蔵庫で保管することによりさらに鮮度を維持!

そのため、収穫時期の鮮度を保ったりんごを食べることが出来るのです☆

 

【エチレンガスの豆知識】

エチレンガスの作用は、「果物の劣化を促進させる」=「果物の成熟を促進させ

る」と捉えることが出来ます。

エチレンガスの有効利用として、身近ではバナナの成熟を促進させる手段として 

使用されています。

 

 02リンゴ上郷2.JPG

 

双松庵唯七では、そんな「蔵出しりんご」の3月下旬発送を企画中!

ちょっぴり不揃いだけど美味しい・・・そんなりんご達をお求めやすい価格でご提供する予定です☆

おたのしみに!

 

美味しい手造りりんごパイ「りんご村」こちら≫

 IMG_9134.jpg

 

双松庵唯七のHPはコチラ>>>

top_bunner.jpg

 

投稿者 todaya |コメント (0)

農園だより~栗の剪定指導会がありました~

2011-3-15

blog_staff_nouen.jpg

 

こんにちは◇農園部のミヤサカです。

段々と暖かくなってきましたが、
まだ雪がちらつく日もある南信州です。

さて農園部の畑では、市田柿の剪定に続いて
栗の剪定が始まります。


今年も『栗博士』として有名な塚本實先生に
お越し頂き、剪定指導会を行ないました。

 

110315_sensei.jpg

 

<右手前が塚本先生です>


塚本先生の開発された、
超低樹高栽培”を教えて頂きました。
剪定などの農作業がしやすく、
高品質の栗が収穫できるという技術
です。

まず幼木の選定方法についてご指導頂きました。

成長が楽しみなポロタンという品種です。
ポロタンは、実と渋皮が簡単に離れるという

特徴を持った種類で、
これからの実りが期待されます。


続いて、若木の剪定も教えて頂きました。

110315_sentei1.jpg

<若木の剪定について熱心に講習を受けます>

若木は“超低樹高栽培”の樹形を作っていく
大事な時期なので、慎重に剪定を行なっていきます。



最後に、古木の剪定を教えて頂きました。

110315_sentei2.jpg

<古木の剪定講習の様子です>

 

農園の百年木は、去年も多くの実りがありました!
新しい枝を育てて、今年もたくさん実ってくれるように
仕立てていきます。

剪定の途中で、なんと吹雪になってきました!

 

110315_yuki.jpg

 

まだまだ寒い日もありますが、
春に向けて畑のしたくを
頑張っていこうと思います☆

 

■唯七の栗を使った和菓子■

栗つつみ

自家製の栗きんとんをしっとり滑らかなこし餡で包んだ和菓子。

上品な栗の風味が楽しめます。

 

110315_kuritutumi.jpg

 

 

双松庵唯七のHPはコチラ>>>

 

top_bunner.jpg

 


投稿者 todaya |コメント (0)

東北地方太平洋地震について

2011-3-13

blog_staff_info.jpg

 

このたびの東北地方太平洋沖地震災害に被災された皆様及び、

そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

 

一人でも多くの方がご無事でいらっしゃることを願うとともに

一日でも早い復興をお祈り申し上げます。

 

なお東北・北海道地域へのお届けは当面見合わせております

また他の地域につきましても、お届けが大幅に遅れる可能性がございます

詳しくは唯七のHPをご確認ください。↓

http://www.tadashichi.com/calendar.html

 

ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承お願いいたします。

 

皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

 


 

投稿者 todaya |コメント (0)

製造秘話~桜どら焼き~

2011-3-08

blog_staff_seizou.jpg

 

久しぶりに登場します、製造部のMASAKIです。

 

春の気配を感じる頃になると、

桜の花や葉を使った様々なお菓子が街にあふれ出します。

 

双松庵唯七で人気のどら焼き「双松の月」

その季節限定商品として好評販売中の、

桜どら焼き、についてちょっと語りますね。

110308_soushounotsuki_sakura.jpg

双松の月桜のページへ>>>

 

 

この「桜どら焼き」は

見た目と味覚で春を感じてもらいたいと考えて、

私が開発したお菓子です。

 

一番の特徴は、桜の餡にあります。

大手亡の白餡をほんのり桜色に染め、

南伊豆産の塩漬け桜葉を、

フードプロセッサーでミンチにしたものを練り込みました。

 

こうした桜餡というのは、わりとよくあるんですが

唯七ではさらにひと工夫!

チェリー果汁入りのゼリーを加えることで、

風味と食感のアクセントを出したんですよ!

 

110308_zeri.jpg

 

<細かく刻んだ桜ゼリー>

 

 

どうですか!この桜餡

110308_an.jpg

まるでジェラートみたいでしょう!

 

このみずみずしい桜餡を、どら焼き生地でサンドして

桜花漬けを飾りに添えました。

110308_dorayaki.jpg

 

 

商品開発した私、MASAKIの自信作です。

ぜひ、ご賞味いただきたいと思います。

 

双松庵唯七のHPはコチラ>>>

top_bunner.jpg

 


投稿者 todaya |コメント (0)

南信州情報~信州に春を告げる村 天龍村~

2011-3-04

blog_staff_shiki.jpg

 

こんにちは。イトウです。


信州に春を告げる長野県最南端の村、天竜村へいってまいりました!

 

110304_tenryumura.jpg

※天龍村から見える景色

 

天竜村は長野県の南端で愛知県と静岡県の県境にあります。

実は唯七は、この天龍村から柚子やお茶の仕入れを行っており

とっても縁がある村なのです。

 

・天龍村産の柚子を使用した「ゆず手毬 ・天龍村産のお茶を使用した茶羊羹(1番奥)

 

1103034_yuzu.jpg 110304_yo-kan.jpg

 

※ゆず手毬の柚子はその年の出来具合により、四国の「くもん農園」の柚子を使用する年もございます。

 

 

まずは、秘境と名高き飯田線の一駅、天竜村平岡にある「伊那小澤駅」。

ここの見ものはカンザクラです。


 

110304_kanzakura.jpg

 

まだほとんど蕾だったので残念でしたが、

今年の信州初の桜を数輪みることができましたvv

 

近所の方曰く、来週あたりにだいぶ咲くだろうとのこと。

数日前に新聞でカンザクラの開花が取り上げられたこともあり

桜目当てで訪れる方が、すでに何組かいらっしゃるそうです。

 

※カンザクラのもっと詳しい情報はコチラ>>>

http://www.vill-tenryu.jp/kanzakura.htm


 

 

次に行った「うぐす梅園」では竜峡小梅が咲いていました!

梅の仄かな香りがあちこちから漂ってきていました。

 

110304_ugusu.jpg

 

竜峡小梅は信州小梅から選抜された品種で、

種が小さいので食べられる実の部分が多いことが特徴なんです。

 

※うぐす梅園のもっと詳しい情報はコチラ↓

http://www.vill-tenryu.jp/ugusubaien.htm


 

唯七のでも竜峡小梅は使われていて

例えば「氷すい」に使用している梅蜜も竜峡小梅から採られています。

 

110304_hisui.jpg

■ 氷すい

外はカリッと中はしっとりとした食感の

爽やかな錦玉ゼリー。

梅みつとブルーベリーの2種の味があります。

 

 

 

 

日頃天龍村にいく機会は少ないですが、

改めて行ってみると山深く、豊かな自然は霊的なものを感じるほど美しく

「新たなパワースポット発見!」

と勝手思ってしまいました(笑)

 

みなさまも、大自然を体感しにぜひ足を運んでみてください♪

 

天龍村のHPはコチラ↓↓↓

http://www.vill-tenryu.jp/index.htm



双松庵唯七のHPはコチラ>>>

top_bunner.jpg

 

 

 


投稿者 todaya |コメント (0)

ただいまフーデックスJAPANに出店中!

2011-3-03


3月1日から3月4日まで開催しているフーデックスJPAN

双松庵唯七の戸田屋のブースが出店中です!



落ち着いた和風の趣あるブースです♪

110303_1.jpg

 

8番ホールの農産物コーナーにて出店中。

唯七では自社農園をもち、柿や栗、桜などの栽培・加工を行っており、

その素材を和菓子に使用しております。

 

今回はその素材や農産加工品をメインとした出店なのです。

 


大きな市田柿の看板が目印です。

 

110303_2.jpg

 

 

ご来場の際はぜひお立ち寄りくだいさい!


唯七のHPはコチラ>>>

 

top_bunner.jpg

 

投稿者 todaya |コメント (0)

唯七だよりTOPへ