唯七だより -信州の農園から生まれる、ふるさとのお菓子-

原料豆知識~水飴編②「水飴とお菓子」~

2010-6-02

blog_staff_genryo.jpg



前回に引き続き、水飴についてご紹介いたします。


童話やアニメの「一休さん」の中に出てくる、水飴のエピソードを皆さんご存知でしょうか?
和尚様の留守中に秘蔵の水飴を全部食べてしまい、
巧く言い逃れる場面があるのですが、
元はと言えば和尚様は一休さんらに

「これは子供にとっては毒だから食べてはいけない」

と言う前述がありました。

その昔、水飴は和尚様が独り占めしたくなるほど貴重な物だったのでしょうね。
一休さんたちのようにそのまま食べることもあったようですが、
お砂糖が日本で使用される以前は、水飴が甘味の代表格(代役)で、
お料理にも使われていたようです。

現代においての水飴が担う役割と使用目的は様々で、
お菓子の製造にはもちろんのこと、キャンディーやジャム、ゼリー、
○○のタレ、佃煮などの幅広い食品に使われています。

そして、
和菓子の命!餡子の製造においても水飴は欠かせぬ存在です。


水飴を加えることで砂糖が結晶化してしまうことを防止し
(シャリシャリした餡子は美味しくありません)、
そして艶出し効果と保湿効果
(見た目と潤いは大事ですからね)、
また日持ち向上効果も得られます
(出来たてのお菓子(餡)を直ぐに食べられるとはかぎりませんので、
これはけっこう重要です)。


%E3%81%82%E3%82%93%E3%81%93.jpg




水飴は、お砂糖のように味でハッキリと主張する訳ではありませんが、
無くては成らない扇の要的な存在とでも申しましょうか。



いつか自分もそういう人間になりたいと思う今日この頃、日々勉強です!


■■■水飴があんこに使用されている和菓子■■■


「御城下きんつば」
水飴が入ることによって艶やかでしっとりとしたあんがお楽しみいただけます。

gojiyouka_img01.jpg

双松庵唯七のHPはこちら>>>
top%E7%94%A8%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.jpg


投稿者:todaya

【コメント】

コメントを投稿する




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

唯七だよりTOPへ