南信州の高級和菓子販売店【双松庵 唯七】

唯七だよりについて

御菓子処双松庵唯七のブログです。楽しいページ、美味しい広場を目指します。皆さまも、楽しいおたより、美味しい情報をどしどしお寄せください。

唯七だより -信州の農園から生まれる、ふるさとのお菓子-

南信州産の桃「アカツキ」

2010-6-29

 

blog_staff_nouen.jpg

 

 

お久し振りです☆矢澤園芸産農産物担当のクマザキです。


今回は、7月下旬より皆様にお届けする”みんな大好き甘ーい桃「あかつき」”をご紹介いたします☆


akatuki.jpg

【あかつきとは?】
桃といえば「白桃」や「白鳳」を思い浮かべる方が多いのでは?
「あかつき」は一般的にはあまり流通していない品種かもしれません・・。
しかし、「あかつき」こそ知る人ぞ知る桃の中の優等生なのです☆
そんな「あかつき」は、「白鳳」と「白桃」をかけあわせて生まれました。
両親の優れた部分を受け継ぎ、緻密な果肉、たっぷりな果汁、そして高い糖度が特徴です。


やっぱり桃って美味しいな・・・としみじみ感じさせてくれる桃です。

 

momo.jpg

 

 

 

【矢澤園芸にお邪魔してきました☆】

 
矢澤園芸の桃を写真に撮ってき
ました。
まだ卓球玉くらいの大きさです。

6gatumomo.jpg

「今年の桃は順調に成長していますよ。」

 

と矢澤さん。
大満足の美味しい桃を皆様にお届けできそうです☆

 



【予約注文はこちらから☆】
贈答用9個入りと、ご家庭用6個入りをご用意致しました。
御用途に応じてご利用くださいませ。


akatukihako.jpg

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこちら>>>

 

 

双松庵唯七のHPはコチラ>>>

top_bunner.jpg

 

 

 

投稿者 todaya |コメント (0)

製造秘話~涼庵~

2010-6-25

製造見出し

 

こんにちは、製造部のミウラです。

製造部では、夏菓子の製造を着々と行っています!
今回はその中から、最中アイス「涼庵」の製造の様子についてご紹介します。

涼庵イメージ

 

 

 

 

 

 

 

最中アイス「涼庵(りょうあん)」

 

 

涼庵は、まず餡の準備から始まります。

餡切り

 

炊きあがった餡を、機械で一定の重さに切っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

餡玉

 

 

 

大納言小豆で炊いた餡です。 

このまま食べてもおいしそう!

 

 

 

 

 

 

次にバニラアイスを仕込んだら、最中タネにアイスを詰める作業を行います。

アイス製造室は、今年新しく冷房設備を導入しました!

 

冷房機

 

 

冷た~い風が吹いてきます!
約5℃まで室温が下がるのでアイスも溶けにくく、作業性が良くなりました!

 

ただし、作業時はホッカイロが必需品です・・・。

 

 

アイスの詰めから包装までは、流れ作業で一気に行います。

 

最中種

 

これが涼庵に使われる最中種です。

かわいらしい梅鉢型をしています♪

 

 

 

 

 

詰め作業

 

 

 

この最中にバニラアイスと

先ほどの餡を詰めます。

 

 

 

 

包装後

 

包装完了です!

 

バットに並べ、いっぱいになったら早いうちに冷凍庫へ運んで保管して終わりです!

 

 

 

これから夏も本番。
涼庵を食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

 

 

双松庵唯七のHPはコチラ>>>

唯七HPへリンク

投稿者 todaya |コメント (0)

農園だより~栗の花が開花しました!~

2010-6-24

唯七農園見出し

 

こんにちは☆農園部のミヤサカです。

農園では、栗の花が満開になりました。

 

栗の花満開

 

 

白っぽい花が大きな古木にたくさん咲いて、
農園がちょっと賑やかになりました。

 

栗の花

 

 

 

この長い花は、雄花が集まってできているそうです。

 

 

 

 

 

 

栗の雄花

 

近くで見ると、雄しべがビッシリあるのがわかります。
すごい数です!

このあと、長い花が付け根からポロっと全部落ちて、根元に栗の実が育っていきます。

 

 

 

9月にはたくさん収穫できるように元気に育って貰いたいです。

 

ところで。農園近隣のリンゴ畑では、
リンゴの実が大きくなってきていました。

 

リンゴの木

 

収穫に向けて着々と育っております◇

 

 

 

双松庵唯七のHPはコチラ>>>

唯七HPへのリンク

投稿者 todaya |コメント (0)

こだわり素材~海の精~

2010-6-23

こだわり素材見出し

皆さんこんにちは、唯七の原材料のこだわりの部分を

いつもご紹介しています小室です。


今回は、お菓子のあんや生地等に少し使うだけですが

味の重要なポイントとなっていますについてお話します。


ご存知のように、唯七は原材料にこだわりを持ってできる限り地元信州産の

選りすぐった素材を使うようにしていますが、その素材をより生かす為に、

「塩」にもこだわっています。


唯七が使用しています塩は「海の精株式会社」の「海の精」という塩です

 

uminosei.jpg

 

 

 

業務用タイプですが業務用といえど

㎏当たり千円以上する

普通の塩に比べると随分高級な塩です。


もちろん相応のおいしさがあります。


 

 

 

 

 

以下、海の精のHPよりご紹介いたします。

海の精」は伊豆大島の精麗な黒潮から作られます。

まず、海水を立体式塩田で風や太陽熱を利用して蒸発濃縮し、

濃い海水を作り、これを釜で煮詰めて塩を析出させて出来上がります。

科学的方法を使わず、海水をそのまま結晶化した純国産の海塩です。


カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウムをはじめとする

海水中のミネラルがバランスよく含まれています。

ただ塩辛いだけでなく、ほのかな苦味や甘みがあり、

まろやかな旨味があります。

「海の精」は海水のミネラルが自然なバランスで含まれているので、

どんな素材にも良くなじみ、お料理を味わい深く仕上げます。

参考HP>>>

海の精株式会社 東京都大島町本町字神達575

 

 

■■■双松庵唯七の「海の精」を使った和菓子■■■

 

御城下金鍔

隠し味の塩(海の精)が、あんこのあっさりした甘さを引き立てる

ほくほくの栗入り金鍔です♪

金つば

双松庵唯七のHPはコチラ>>>
唯七HPへのリンク

投稿者 todaya |コメント (0)

原料豆知識~寒天~

2010-6-22

blog_staff_genryo.jpg


こんにちは、原料販売部門のモモザワです。


今日は健康食品、ダイエット食品として注目されている寒天についてです。


寒天が何から作られるか皆さんはご存知ですよね?


ogonori.jpg tengusa.jpg


天草(テングサ)やオゴノリといった紅藻(こうそう)類を
煮て凝固させると「ところてん」が出来ます。


これを自然凍結、天日乾燥させると寒天のできあがりです。


kanten.jpg



長野県が日本一の角寒天の産地なのは気候などの条件が良いからなのですね。


寒天はあらゆる食品の中で一番多く食物繊維を含んでいます。(100g中80.9g)
食物繊維の効用はご存知の通りで、非常に優秀な栄養素です。
おいしく食べれて体にも良い寒天はすばらしい食材ですね。


さらに寒天は和菓子にも重要な食材です。

洋菓子では凝固材としてゼラチンを使いますが、和菓子では寒天が多く使われますよね。

寒天はゼラチンに比べ固めであり、つるんとした食感です。


yokan.jpg 

羊羹の、あのつるんとコシのある食感は
寒天ならではなのです!



唯七の羊羹の詳細はコチラ>>>




++++双松庵唯七の寒天を使ったゼリー「氷すい」++++


hisui.jpg  
  独特の製法で外はカリっと、中はつるんとゼリー食感に仕上げた

  「氷すい」。いつもの寒天とちょっと変わった食感が楽しめます♪

  この季節は冷蔵庫で冷やしていただくとより一層おいしく

  お召し上がり いただけます。   詳しくはコチラ>>>




双松庵唯七のHPはコチラ>>>

top_bunner.jpg

 

 

 


投稿者 todaya |コメント (0)

製造秘話~菓子木型~

2010-6-18

和菓子製造の見出し

 

 

製造部のMASAKIです。

今回は皆さんに頭の体操(脳トレ)をしてもらいます。

 

信濃小梅の木型

信濃小梅



↑これは、落雁「信濃小梅」の製造に使用している

木型です。





さて次の写真には間違いがひとつあります。

それがどこか見つけてください。


制限時間は、ありません(笑)


信濃小梅木型6個

 

どうです、わかりましたか?

簡単ですよね。


えっ、わからないですか・・・

では、これならどうですか。


信濃小梅木型4個




信濃小梅木型2個




 そうです。梅のしべの先の点が、なぜか一ヶ所だけ無いのです。


職人さんがうっかり彫り忘れたのでしょうかね?

修正をお願いせず、そのまま使ってたりします。

 


木型たち

 







上から献上落雁、信濃小梅、麦落雁、

栗落雁の木型


献上落雁信濃小梅麦落雁栗落雁

  献上落雁   信濃小梅    麦落雁     栗落雁


 

唯七の菓子に使っているこれらの木型は、オーダーメイドですが

桜の木で彫られています。

桜材は堅いので彫りにくいけれど、摩耗に強いのです。

 

献上落雁の模様.jpg


菓子木型を彫る職人は減る一方で、現在は全国でひと桁の人数とのこと。

そのうちの一人が長野市にいて、木型製作をお願いしています。

 

こんな木型も所有していますよ。

梅木型模様のアップ



菓子木型そのものが芸術品といえるのではないでしょうか。

 

そんな木型に負けないお菓子を作り続けたいと思っています。




++++双松庵唯七の木型を使った和菓子++++


信濃小梅

梅鉢紋が入った白と薄紅色の可愛らしい落雁

信濃小梅のイメージ


献上落雁

しっとりとした栗入りの落雁


献上落雁のイメージ



栗落雁・麦落雁

大麦の香ばしい麦落雁と、コロコロ可愛いい栗の形の栗落雁


麦落雁・栗落雁のイメージ



双松庵唯七のHPはコチラ>>>

唯七HPへのリンク



 

 


投稿者 todaya |コメント (0)

農園だより~柿の花が開花しました!~

2010-6-16

農園見出し


こんにちは☆農園部のミヤサカです!


6月上旬、元気よく葉が茂る柿畑では…

柿の花が一斉に開きました!

柿畑



柿の花



柿の花は小さく、遠くからはあまり目立たない

存在ですが、木の下に入ってみると、白っぽい

花がたくさん咲いています。


花びらがクルっと反り返っているのが

特徴です。



柿の花のガク


よくみると、花びらのまわりにある

“がく”の部分が、柿のヘタの形をしているのが

わかります♪



実りの時期が楽しみです。





ところで、農園周辺のモモ畑では、モモの実がぐんぐん大きくなっていました。

桃畑



桃の実


まだ小さいですが、

はやく旬にならないかと

こちらも楽しみです♪








双松庵唯七のHPはコチラ>>>

top_bunner.jpg

 

投稿者 todaya |コメント (0)

南信州だより~キャンドルナイトの夜~

2010-6-14


南信州の四季見出し


行ってきました『竹宵まつり百万人のキャンドルナイトIN南信州』


竹宵祭り1



この『竹宵まつり』は簡単に言うと


「ローソクを灯してスローに過ごそう」


というイベントです。


今回は4つの会場で行われました。

(本当のことを言うと私、昨年も開かれていたらしいこのイベントを知らなかったのです)

今回、開催日当日に聞き、暇だから行ってみようっという気分での参加でしたが、

想像以上で驚きました。

 

私が行ったのは昼神の新朝市広場を利用した会場。

実はその日の朝に会社の一泊懇親会でここに来ているのですが、様子が一変。

朝の賑わいと対照的に静かな人々のざわめきの中、いっぱいのキャンドルが輝いていました。

竹宵祭り2


キャンドルの数を聞いたところその会場だけで1500.

環境を考えて植物由来のロウソクなんだとか。


竹筒 
<竹筒のキャンドル>


まわりを囲んでいる竹の内側が赤く塗り、赤い光に見える工夫がされたものや、

積み上げられたキャンドルオブジェも見事でゆっくりと歩きながら堪能しました。


竹宵祭り3 
<カラフルで綺麗です>


ソロギターの穏やかな調べにゆったりとのせられた歌。

コカリナのやさしい音色、揺らめく灯火。

懐かしいような切ないような、そんな気分を満天の星空の下で過ごす。

物事の流れの速い現代に、とても贅沢な時間を過ごせました。


ギターの調べ

<ギターの調べが静かに響きます>


普段いかに人口の光に囲まれているかも実感しました。

目が闇に慣れてくるのか、辺りに明かりが無いからか、

星がとてもよく見えるんです。


いつもは気にしていなかった虫の声、風の声。川のせせらぎ

自分の歩く靴音、衣擦れの音。


辺りはずっと暗いのにその分見えてくるものが沢山ありました。


去年は2、今年は4会場。

小さくて良いのでこんな時をすごせる会場が来年はもっと増えるといいなと思いました。

それではまた。


双松庵唯七のホームページはこちら>>>

唯七のホームページへ



投稿者 todaya |コメント (0)

南信州だより~南信州の花々~

2010-6-10

blog_staff_shiki.jpg 

南信州伊那谷は昼間はだいぶ暑くなってきましたが
朝夕は若干肌寒いです。
夜のたんぼではカエルの合唱が聞こえ
日中の果樹林ではセミがさかんに鳴いています。

散歩をしていると色々な花たちが咲き乱れ、
私たちの目を楽しませてくれます。


花 花2.jpg 花3.jpg




ジャガイモ畑




ジャガイモ畑の様子です。






ジャガイモの花



意外とジャガイモの花など野菜の花も
よく見ると可愛らしいものです。







喬木村でクリンソウが咲くスポットがあるので
ドライブがてら足を伸ばしてみました。

クリンソウとはサクラソウ科の多年草で、原産地は日本です。
名前の由来は花の姿が仏閣の屋根にある九輪に似ていることから
つけられたそうです。


また山野草として人気があるそうです。
間近でみるととても可愛らしいんですよ!

クリンソウ



群生しているので遠くからみると花で作った絨毯のように見え見事です。









クリンソウ2



山道を通っていると、木苺の花が満開でした。


木イチゴ


夏にはたくさんの実がなるでしょう♪


また、猫が喜ぶマタタビの木もたくさん自生していました。

マタタビの木


たくさんの植物の中で生きる活力をもらったような気がします。


双松庵唯七のHPは コチラ>>>

top_bunner.jpg 

投稿者 todaya |コメント (0)

夏バテ予防? 氷すい

2010-6-08


お店からのお知らせ


6月に入り暑くなりはじめましたね!
暑くなると心配なのが・・・

そう!夏バテです!


今号はそんな夏バテ予防にぴったりな和菓子をご紹介いたします。


氷すい 梅蜜味
氷のような見た目と、カリッとした食感が特徴のきんぎょくゼリーです。
氷すい梅みつ

何故氷すいが夏バテ予防になるのかというと、
秘密はコレ↓にあります。

竜峡小梅の収穫
<竜峡小梅>

梅にはクエン酸が多く含まれ疲労回復、疲労防止に効果があるといわれています。
また、血液を健康な弱アルカリ性に保つ手助けをする「アルカリ性食品」
暑い夏を健やかに暮らすために欠かせないパワーを秘めています。
氷すい(梅みつ味)にはこの梅から作った梅蜜がたくさん使われているんです。


何より爽やかな甘酸っぱさは食欲がなくてもさっぱり食べられます。

暑い季節にはぜひ「氷すい」をどうぞ!
ブルーベリー味もあります☆

氷すいイメージ
詳しくはコチラをどうぞ>>>


双松庵唯七のHPはコチラ>>>
唯七ページへ

投稿者 todaya |コメント (0)

唯七よりお知らせです

2010-6-08

blog_staff_info.jpg

お父さんだって きっと待っている
6/20 父の日お忘れなく

こんにちは。受注担当の酒井です。
母の日に隠れてなんとなく過ぎてしまう 父の日。
「お父さん たぶん待ってたよ・・・」 なんて母が後から言ってくる。

父は待っていたなんてそぶりは全く見せず
いつもように出かけて行ったのかな。


遠くに来て
たまに見る 大きかった背中は丸く小さくなったように感じた。

いつも頑張るお父さんに 今年こそ「ありがとう」を贈ろう。

唯七父の日限定セット ご予約受付中

10fathersday_top%5B1%5D.jpg

双松庵唯七のHPはこちら>>top%E7%94%A8%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.jpg

投稿者 todaya |コメント (0)

原料豆知識~水飴編②「水飴とお菓子」~

2010-6-02

和菓子の原料



前回に引き続き、水飴についてご紹介いたします。


童話やアニメの「一休さん」の中に出てくる、水飴のエピソードを皆さんご存知でしょうか?
和尚様の留守中に秘蔵の水飴を全部食べてしまい、
巧く言い逃れる場面があるのですが、
元はと言えば和尚様は一休さんらに

「これは子供にとっては毒だから食べてはいけない」

と言う前述がありました。

その昔、水飴は和尚様が独り占めしたくなるほど貴重な物だったのでしょうね。
一休さんたちのようにそのまま食べることもあったようですが、
お砂糖が日本で使用される以前は、水飴が甘味の代表格(代役)で、
お料理にも使われていたようです。

現代においての水飴が担う役割と使用目的は様々で、
お菓子の製造にはもちろんのこと、キャンディーやジャム、ゼリー、
○○のタレ、佃煮などの幅広い食品に使われています。

そして、
和菓子の命!餡子の製造においても水飴は欠かせぬ存在です。


水飴を加えることで砂糖が結晶化してしまうことを防止し
(シャリシャリした餡子は美味しくありません)、
そして艶出し効果と保湿効果
(見た目と潤いは大事ですからね)、
また日持ち向上効果も得られます
(出来たてのお菓子(餡)を直ぐに食べられるとはかぎりませんので、
これはけっこう重要です)。


餡の製造




水飴は、お砂糖のように味でハッキリと主張する訳ではありませんが、
無くては成らない扇の要的な存在とでも申しましょうか。



いつか自分もそういう人間になりたいと思う今日この頃、日々勉強です!


■■■水飴があんこに使用されている和菓子■■■


「御城下きんつば」
水飴が入ることによって艶やかでしっとりとしたあんがお楽しみいただけます。

御城下金鍔イメージ

双松庵唯七のHPはこちら>>>
双松庵唯七のページへ

投稿者 todaya |コメント (0)

原料豆知識~水飴編①「水飴とは」~

2010-6-01

blog_staff_genryo.jpg



原材料販売部門のカワラです。

今号は「水飴」についてのお話です。
まずは水飴についてのアレコレをご紹介します。

一口に水飴といっても、単に砂糖水を煮詰めれば出来るのかと言われると
そうではありません。

主な原料として「とうもろこし」「サツマイモ」「じゃがいも」
「お米」などに含まれる「澱粉(デンプン)」を利用して作られます。

【水飴の原料たち】
野菜のイラスト



簡単に説明してしまうと、
皆さんが毎日食べるご飯(白米)を、口の中で30回~40回噛むと
だんだん甘くなってきますよね。
それはご飯の中に含まれているデンプン(物質)が、
形を変えて甘味のあるものに変わるからなのです。
ご飯を食べている子供のイラスト


唾液にはアミラーゼ*1という酵素*2があります。
この酵素がデンプンを分解して甘味のある水飴に換えるのです。




実際に酵素を使っていろいろな水飴を製造している工場では、
大きなタンクを使用して作っていますが、作り方の理屈は、
私たちの身体の中で起こっている働き
と同じと言えます。

************************************************************
*1 アミラーゼ:デンプンを分解して糖分にする働きをする酵素
*2 酵素:生物の中で作られ、色々な反応を効果的に進める働きをするもの
分かりにくかったらごめんなさい
************************************************************



この水飴、
実は和菓子に欠かせないものなのです!
次号は水飴と和菓子についてご紹介します。



双松庵唯七のHPはコチラから>>>
唯七のページへ

投稿者 todaya |コメント (0)

唯七だよりTOPへ