唯七だより -信州の農園から生まれる、ふるさとのお菓子-

いよいよ春本番

2007-3-29

ここのところの陽気で桜前線が北上して、
28日、南信州 飯田でも桜の開花が確認されました。
暖冬の影響で、昨年よりも10日も早く、平年と比べても9日早いそうです。
 
飯田市街地の大宮通りではソメイヨシノが咲き始めていました。
    070329_sakura_1.jpg

 
 
ソメイヨシノよりも一足早く咲き始めたエドヒガンは、もう咲きそろっています。
    070329_sakura_2.jpg
 
飯田美術博物館にあるエドヒガンの「安富桜(やすとみさくら)」もきれいに咲き、
今週の週末あたりは見ごろを向かえます。
樹齢推定350年、目通り周囲5.4m、樹高20mの古木で、
この地が飯田城主の家老安富氏の邸址であったために、
「安富桜」と呼ばれるようになったそうです。
 
 
南信州には、樹齢が300年をこえる桜の古木や、
樹形の美しい名桜が数多く残されています。 
4/9~10には飯田市を会場に
『2007年全国さくらシンポジウムin飯田』が開催されます。
大勢の桜ファンでにぎわうことでしょう。
http://www.city.iida.nagano.jp/ecotur/ssinpo/ssinpo1.html
 
 
週末はお弁当を持ってお花見に出かけたい気持ちですが、
ちょっと、お天気が気になりますね。
 
 


投稿者:todaya

【コメント】

コメントを投稿する




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

唯七だよりTOPへ