南信州の高級和菓子販売店【双松庵 唯七】

唯七だよりについて

御菓子処双松庵唯七のブログです。楽しいページ、美味しい広場を目指します。皆さまも、楽しいおたより、美味しい情報をどしどしお寄せください。

唯七だより -信州の農園から生まれる、ふるさとのお菓子-

いよいよ春本番

2007-3-29

ここのところの陽気で桜前線が北上して、
28日、南信州 飯田でも桜の開花が確認されました。
暖冬の影響で、昨年よりも10日も早く、平年と比べても9日早いそうです。
 
飯田市街地の大宮通りではソメイヨシノが咲き始めていました。
    070329_sakura_1.jpg

 
 
ソメイヨシノよりも一足早く咲き始めたエドヒガンは、もう咲きそろっています。
    070329_sakura_2.jpg
 
飯田美術博物館にあるエドヒガンの「安富桜(やすとみさくら)」もきれいに咲き、
今週の週末あたりは見ごろを向かえます。
樹齢推定350年、目通り周囲5.4m、樹高20mの古木で、
この地が飯田城主の家老安富氏の邸址であったために、
「安富桜」と呼ばれるようになったそうです。
 
 
南信州には、樹齢が300年をこえる桜の古木や、
樹形の美しい名桜が数多く残されています。 
4/9~10には飯田市を会場に
『2007年全国さくらシンポジウムin飯田』が開催されます。
大勢の桜ファンでにぎわうことでしょう。
http://www.city.iida.nagano.jp/ecotur/ssinpo/ssinpo1.html
 
 
週末はお弁当を持ってお花見に出かけたい気持ちですが、
ちょっと、お天気が気になりますね。
 
 

投稿者 todaya |コメント (0)

情報誌「やすらぎ菓房」をお届けします

2007-3-23

双松庵唯七の情報誌「やすらぎ菓房」の春の号が出来上がりました%E6%83%85%E5%A0%B1%E8%AA%8C.jpg

 
南信州松川町生田地区で、4月末~5月初旬に「桜の塩漬け」用の桜の花を収穫します。表紙は、今、まさに咲かんとする桜の花を、一輪一輪摘み取る作業の風景です。
 
内容には、商品の情報、農園の様子を盛り込んで、新製品「五穀くるみ餅」「献上落雁」「涼庵」など、まだ、ネットに登場しない商品も載っています...
 
南信州の歳時記のコーナーでは南信州深山の古木『駒つなぎの桜』を紹介しています。
   (詳しくは、「やすらぎ菓房」をご覧ください)
 
今回から、読みやすいA4サイズにした「やすらぎ菓房」を、
  新しくなった商品カタログとセットにして、
     ご希望の方にお送りします。
 
  メールにてお申しつけください。
     ≫≫ info@tadashichi.com
 

投稿者 todaya |コメント (0)

唯七だよりTOPへ